知財維持活動

趣旨の書き方【2022年 加筆修正版】

趣旨の書き方について、現役の弁理士が重要ポイントを解説します。
知的財産講座

特許の実務解説します。 NO.5―特許法37条、36条、17条の2

これまでの特許実務講座の振り返り 特許実務講座をこれまで数回に分けて掲載してきました。バックナンバーは以下の通りです。 これまでの回で、出願の全体の流れや(NO.1)、明細書を書・・・・
実務解説

特許の実務解説します。NO.4 ― 特許法第2条 「発明」と「実施」の定義について確認しよう

初心者からでも特許実務の基本がわかる講座の第四回。今回は発明とは何か、その実施とは?というポイントについて、条文を照らしながら解説していきます。
スポンサーリンク
実務解説

特許の実務、解説します!NO.3 ― 特許権の「実体的要件」とは?特許法条文を引きながら解説します

今回は、特許実務の中でも明細書を作成する際に理解しておきたいこと、そのうち「実体的要件」という言葉について、周辺知識から解説していきたいと思います。 特許の「実体的要件」とは? 特許法29条柱書、第1項、第2項および3・・・・
実務解説

特許の実務解説します。コラム① 明細書作りに重要な「原則」とは?

特許の実務を初心者の方にもわかりやすく解説するブログ。今回はコラムの第一回です。明細書を作るとき、大拙なのはやはり「原則」。しかし原則と言っても何のことを指すのか?原則を理解するための近道は?を解説していきます。
実務解説

特許の実務解説します。NO.2 ― 特許法70条

特許実務を初学者からでもわかりやすく解説していくブログの第二回。今回は特許実務を行う上で欠かせない条文、特許法70条を一度きちんと見直しておこうという回です。特許請求の範囲と明細書の違いについても解説していきます。
実務解説

特許の「実務」、解説します! NO.1 ― 序論

特許の「実務」、実際どんなことをしているの?という初めて特許実務に触れる方からこれからスキルアップを目指したい弁理士さんまで、実際に実務経験を重ねてきた弁理士がわかりやすく解説していくブログの第1回。まずは実際に行っているお仕事のご紹介や、明細書を書く上で外せない基本条文について解説していきます。
ビジネスと知財

知財業界の夢と希望(弁理士の日記念ブログ)

知財業界の夢と希望というテーマでコラムを書くということを聞いたとき、正直、ネガティブなことしか思い浮かばない自分を再認識してしまいました😢 ちなみに、この記事は、弁理士の日記念ブログ企画2021への参加記事になっています。 ・・・・
知財維持活動

タイトル変えました!

タイトルを変更しました。 元のタイトルも良かったのですが、結構いろんな方とかぶっていましたので、新しい造語にしました。 改めて知財に関連する情報を上げていきます。新しい企画も考えていますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。・・・・
知財維持活動

「地模様」と商標

「鬼滅の刃」由来の地模様は商標登録されるか?(栗原潔) - Yahoo!ニュース MafRakutenWidgetParam=function() { return{ size:'600x200',design:'slide',r・・・・
ビジネスと知財

知財業界の夢と希望(弁理士の日記念ブログ)

知財業界の夢と希望というテーマでコラムを書くということを聞いたとき、正直、ネガティブなことしか思い浮かばない自分を再認識してしまいました😢 ちなみに、この記事は、弁理士の日記念ブログ企画2021への参加記事になっています。 ・・・・
ビジネスと知財

記事リンク:「アバターファッション」から見るメタバース

「アバターファッション」はビジネスになるのか?--アパレル制作や知財の観点から語る 【おすすめ書籍】 Amazon.co.jp: 知財関連【配送無料】
ビジネスと知財

特許庁のコピー商品撲滅キャンペーン

いつの時代もなかなかなくなることのない「コピー商品」。ネットショッピングが大きく成長した今の環境においても、フリマサイトや通販サイトで偽物を買ってしまったという話は度々耳にしますよね。ネットでは現物を目で見ることができない分、こうした模造・・・・
ビジネスと知財

日本の音楽著作権

こんにちは。アステック特許事務所の松山裕一郎です。イベント会場から運動会まで、華やかな場面ではしばしばBGMがかかり、気持ちを盛り上げてくれますよね。そこで耳にすることも少なくないのが、「使用料」の言葉です。JASRACの管理する音楽著作・・・・
ビジネスと知財

マドリッド制度で商標を国際登録 マレーシアも加盟

こんにちは。アステック特許事務所 弁理士の松山裕一郎です。2019年12月27日から、商標の国際登録制度(マドリッド制度)の加盟国として、マレーシアが加わります。これによりマドリッド制度を利用して商標を国際登録できる国が122か国になりま・・・・
ビジネスと知財

パロディ商品は事前の確認が◎

こんにちは。弁理士の松山裕一郎です。スーパーの一角で、既にある有名な商品と言葉を掛けて、パロディ商品として販売されているものを見かけることがありますよね。どれもユニークな着眼点で、子供から大人まで楽しませてくれます。ただ、そのためにはしか・・・・
ビジネスと知財

著作権法改正案を考える

こんにちは、弁理士の松山裕一郎です。連日お伝えしている著作権法改正案について、わかりやすく要点をしぼった記事がありましたのでリンクをつけてご紹介します。実現させたいことは、作り手が持つ権利であり、やみくもに規制を強化することではないはずで・・・・
ビジネスと知財

特許庁が先端企業10社を支援ナノデバイスでのがん治療から安全長寿の蓄電デバイスまで

弁理士の松山裕一郎です。8月末に開催された第一期「知財アクセラレーションプログラムIPAS2019」。特許庁による第一期支援企業の簡易プレゼンのレポートをシェアします。支援を活用することで新しいアイデアを自分たちの名前で権・・・・
ビジネスと知財

料理配達の新しい形「ウーバーイーツ」の手数料無料に

米国の大手配車サービス企業「ウーバー・テクノロジーズ」が手掛ける料理デリバリーサービス「ウーバーイーツ」、利用したことのある方も少なくないのではないでしょうか。そんなウーバー・テクノロジーズがサブスクリプションに参入すると発表しました。月・・・・
ビジネスと知財

オフィスが無人でも仕事を回せる?2020オリンピックに向けた企業の挑戦

弁理士の松山裕一郎です。今週注目のニュース記事をピックアップしてご紹介しています。「レインボーブリッジ、封鎖できません!」かつて青島刑事が叫んだあの名セリフ。本当に封鎖されてしまったら大変なことですが、2020年の東京オリンピックは目前。・・・・
判例

裁判例紹介:商標権「周知性」が争われた事例

こんにちは。弁理士の松山裕一郎です。今回は、最近の裁判例の中から、商標権における「周知性」が争われた事例をご紹介します。※なお、当HPで紹介している裁判例に関しまして、裁判例中の企業や個人とは一切の関係はなく、また名誉を貶めるものではない・・・・
判例

裁判例紹介:不正競争防止法

こんにちは。弁理士の松山裕一郎です。本日は、過去に争われた裁判例から、知財にまつわるものをご紹介していきます。 事案の概要 原告は外壁塗装リフォーム業者である。原告は同業者である被告が自ら管理・運営するいわゆる口コミサイト(・・・・
判例

裁判例紹介:送信可能化権の侵害と発信者情報開示請求

こんにちは。弁理士の松山裕一郎です。今回は、最近の裁判例から、送信可能化権の侵害に関して争われた事例をご紹介します。インターネットの発達とともに、著作権の侵害もあり方が多様化してきました。知らないうちに自分も関わっていた、となっては困りま・・・・
判例

裁判例紹介:商標法50条

こんにちは。弁理士の松山裕一郎です。今回は、最近争われた裁判例から、商標法50条の「商標の使用」の具体的な例がどのようなものであるかがキーとなった事例をご紹介します。 事案の概要 被告は平成30年、「MUSUBI」という商標文・・・・
判例

裁判例紹介:「不正競争行為」「著作権侵害」

こんにちは。弁理士の松山裕一郎です。今回は、最近争われた裁判例から、「不正競争行為」そして「著作権侵害」がキーワードとなったものをご紹介します。 ※このコーナーでは、各裁判例の中で知的財産にまつわる部分を重要争点としてピックアップしてご紹・・・・
判例

裁判例紹介:「創作容易性」「類否判断」

こんにちは。弁理士の松山裕一郎です。今回は、最近争われた裁判例から、「創作容易性」そして「類否判断」がキーワードとなったものをご紹介します。※このコーナーでは、各裁判例の中で知的財産にまつわる部分を重要争点としてピックアップしてご紹介して・・・・
判例

審決取消請求事件:商標法3条・4条「一般的な名称」

事案の概要 全文はこちら:本件商標の商標権者であるXが、指定商品のうち「再起動器を含む電源制御装置」について本件商標の登録を無効とするとの審決を求めて審判請求(以下「本件審判」という。)をした。 それに対して、特許庁は,「本件審判の・・・・
実務解説

特許の実務解説します。NO.4 ― 特許法第2条 「発明」と「実施」の定義について確認しよう

初心者からでも特許実務の基本がわかる講座の第四回。今回は発明とは何か、その実施とは?というポイントについて、条文を照らしながら解説していきます。
実務解説

特許の実務、解説します!NO.3 ― 特許権の「実体的要件」とは?特許法条文を引きながら解説します

今回は、特許実務の中でも明細書を作成する際に理解しておきたいこと、そのうち「実体的要件」という言葉について、周辺知識から解説していきたいと思います。 特許の「実体的要件」とは? 特許法29条柱書、第1項、第2項および3・・・・
実務解説

特許の実務解説します。コラム① 明細書作りに重要な「原則」とは?

特許の実務を初心者の方にもわかりやすく解説するブログ。今回はコラムの第一回です。明細書を作るとき、大拙なのはやはり「原則」。しかし原則と言っても何のことを指すのか?原則を理解するための近道は?を解説していきます。
実務解説

特許の実務解説します。NO.2 ― 特許法70条

特許実務を初学者からでもわかりやすく解説していくブログの第二回。今回は特許実務を行う上で欠かせない条文、特許法70条を一度きちんと見直しておこうという回です。特許請求の範囲と明細書の違いについても解説していきます。
実務解説

特許の「実務」、解説します! NO.1 ― 序論

特許の「実務」、実際どんなことをしているの?という初めて特許実務に触れる方からこれからスキルアップを目指したい弁理士さんまで、実際に実務経験を重ねてきた弁理士がわかりやすく解説していくブログの第1回。まずは実際に行っているお仕事のご紹介や、明細書を書く上で外せない基本条文について解説していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました