イノベーションって??

この記事は約2分で読めます。

なんとか特許実務講座の原稿を書き終えました。

といっても、まだ添削問題と吹き込みをしなければならないので終わったわけではないのですが・・・・

書いてみると結構自分でも自分発見というか、自分の考え方を再認識することができ、たちないところ、まだまだ伸ばせるところ等々、様々な発見がありました。この機会を与えてくれた知財チャンネルには感謝です。

特許業界は最近どんどん厳しくなっています。法改正のたびに仕事が減る方向に行くし、弁理士の数は増えるし、不景気で出願は減るし・・・好条件は見当たらない、とみんな思っています。

でも、実はそんな今こそ業界の常識を一新して新しい特許業界、否、知財業界を作っていくチャンスだと思うのです。

知財業界でもイノベーションを起こすべき時なのでしょう。みんなで知恵を出し合って新しいビジネスモデルを構築して、企業も周辺にいる専門家も共に儲かるシステムを構築しなければなりませんし、構築する絶好のチャンスです。私もチャレンジします。

社会にイノベーションを起こすためには、まず自分にイノベーションを行ないといけないと思っています。自分にイノベーションを起こすためには、自分に自分の限界を超えるくらいの負荷をかけていかなければならないのではないでしょうか?自分の限界点を超えない程度の目標設定では到底イノベーションなんて起こせないと私は思います。

ですから、MOTのテーマでも、自分の限界を超えるかもしれないテーマを設定して、工夫してこのテーマをクリアすることで自分にイノベーションを起こし、社会にイノベーションを起こすエネルギー源にしたいと思っています。

なんか決意表明みたいになってしまいました。

講座もひと段落ついたので、次あたりから侵害判断の連載を開始したいと思います。

ではでは

特許実務講座!!

http://chizaichannel.jp/b-school.html

特許調査・知財コンサルなら アステック特許事務所
URL:http://www.astech-patent.com/

タイトルとURLをコピーしました