ガリガリ君 No.2

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、
弁理士松山裕一郎です。

今回は「ガリガリ君」の第2回目です。
「ガリガリ君」が幅広い人たちに親しまれるようになった背景を見ていきたいと思います。

(2)分析
「ガリガリ君」が生み出されるにあたり、赤城乳業では「遊び心」を商品開発の根底に据えていたということができます。当時、「赤城しぐれ」という核になる商品を持っていた同社は、子どもたちに遊びながらでも、かき氷を手にとってもらいたいという思いをもっていました。商品開発に取り組む姿勢として「遊び心」を持ちながらも、かき氷にスティック(棒)を差すというシンプルな発想で、新たなかたちのかき氷の楽しみ方を提示しようとしたといえるでしょう。もちろん、新たな試みにチャレンジしていくわけですから、消費者が納得するための試行錯誤が繰り返されていきます。アイスキャンディーの薄い膜でかき氷部分を包み込むことでかたちを崩れにくくするという工夫も、このような試行錯誤の一環であるといえます。

今お話した「遊び心」と技術的な試行錯誤の関係は、新たな商品を生み出していくための一つのポイントになっているといえます。つまり、前者は「どのような商品をつくりたいか」という商品開発のビジョンにつながるきっかけであり、後者は商品を具体的なかたちにするための実践です。「ガリガリ君」は、ちょうど「遊び心」というきっかけに技術的な試行錯誤が加わって誕生した商品であるといえるでしょう。

また、「ガリガリ君」は販売戦略という観点からも、興味深い特徴を持っています。それが異業種・異業態とのコラボレーションです。この目的は、消費者をアイス売り場へ誘導することとされていますが、ここでも「アイスの食シーン」という軸がぶれることなく貫かれています。ただ他の業種とコラボすればよいというわけではなく、きちんと自分たちの商品のアピールにつなげるという目的意識に従ってPR展開が行われているといえます。

「ガリガリ君」は09年に2億4500万本、10年に3億本という大台を超える販売数量を達成しましたが、今後どのような販売戦略を展開していくのかという点も気になるところです。
(取材協力 新井隆)

ではでは

【参考URL】
http://www.akagi.com/company/index.html (赤城乳業HP 「会社案内」)
http://j-net21.smrj.go.jp/develop/foods/entry/2010122201.html (JNET21 あの商品はこうして開発された!「ガリガリ君」)
https://www.smbc-consulting.co.jp/company/mcs/BizWatch/Hit/hit2010.html (SMBCコンサルティング ヒット商品番付「2010年のヒット商品番付」)

――― 弁理士試験対策講座のお知らせ ―――

■2015年合格目標・辰已法律研究所・弁理士試験対策講座

●弁理士試験入門 Coreマスター講座
 ~弁理士試験合格の基礎を3ヶ月・短期攻略~

  担当講師:弁理士 松山 裕一郎

  全12回・60時間
       通信WEB
       通信DVD

  ※通学・通信全コースに音声DL(ダウンロード)フォロー付(無料) 

  詳細はこちら
  http://www.tatsumi.co.jp/benrishi/tokusetu/140913_CoreMaster/index.html

  担当講師によるガイダンスストリーミングはこちら
  1 https://www.youtube.com/watch?v=s3IYKALVwz4
  2 https://www.youtube.com/watch?v=KlASaLwTFqQ

  パンフレットのご請求はこちら
  https://www.tatsumi.co.jp/info/shiryo.php#benrishi_130526
   

●最短合格 短答パーフェクト講座
 ~短答式試験の出題範囲をすべて網羅!~

  担当講師:弁理士 桐生 美津恵 先生

  全24回・72時間
       通信WEB
       通信DVD

  ※通学・通信全コースに音声DL(ダウンロード)フォロー付(無料)      

  詳細はこちら
  http://www.tatsumi.co.jp/benrishi/tokusetu/140913_tantou_perfect/index.html

  担当講師によるガイダンスストリーミングはこちら
  https://www.youtube.com/watch?v=IubafREhnMg

  
――――――

ビジネスを活かす知財権取得をサポートするアステック特許事務所
特に、他の事務所でダメだと言われた方、是非ご相談ください。
知財 創出・管理で、がんばる企業と共にがんばる会社アステックIPSolutions

タイトルとURLをコピーしました