知財コンサル研究(5)

この記事は約1分で読めます。

ホームページ作りました。
まだまだスカスカですが、これから各種コンテンツを入れていきたいと思います。
とりあえず早急に料金表は整えなきゃ・・・

さて、知財コンサルについていろんな意見があるようですがまだまだこれからの分野です。範囲も広くて、知財コンサルといっても、技術コンサルになってしまう場合や単なる経営コンサルになる場合もあるのではないでしょうか? 結局自分の得な分野に特化するしかないのでしょう。
以前このブログで書いた開発方針策定支援は技術マーケッティングと発明創出支援に組み込んでしまいました(また変更するかも知れませんが)。
結局開発方針については、コア技術を他に転用するか、今のニーズの将来予測をして作取商品を開発するかのどちらかだろうと考えた次第です。
技術マーケッティングって何?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
いくつか本が出ていますので興味のある方は読まれるのもいいかもしれません。
簡単にいうと、コア技術を使って新規事業に取り組む方法論です。
これに私なりに知財屋としてのサーチやツールを加味しています。
興味のある方はお問い合わせください。

ではでは

タイトルとURLをコピーしました