とうとう

この記事は約1分で読めます。

とうとう我が家でも新型インフルが出てしまいました。
昨日から娘が熱を出してしまい、今日病院に行ったらA型インフルと診断されました。学校も学年閉鎖だそうです。
いまのところ親の方は大丈夫なのですが・・・・

さて、先日口述模試の試験官を行ってきました。
なかなか大変でしたが、いろんな受験生の方の緊張した顔を見ていると自分が口述試験を受けたころを思い出しました。
私はそんなに熱心な受験生ではありませんでしたので、択一はゴールデンウィークから、論文は択一試験終了後、口述は論文の結果発表後から準備する感じでした。
また、事務所勤めをしておらず、ゼミにも通っていませんでしたので、口述模試の予約をとれず、南甲と吉田ゼミとに参加しただけでした。
最初に受けた南甲では特許は特にボロボロでしたが、本試験までにはなんとか過去問を完成させました。
しかし、本試験はそんなに甘くなく、最初の特許で「審判の審決却下と決定却下」とを聞かれ、頭が真っ白になってしまいました。口述の過去問集にはなく、また、ここが一番苦手なところだったのです。

受験生のみなさん、択一で問われるような条文や審査基準は重要ですよ!
しっかり見なおして、最後の試験ですから頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました