知財コンサル事業

この記事は約2分で読めます。

年明け初投稿です。

すっかり体調を悪くしてしまいました。少し無理がたたったみたいです。

さて、本当は一回断ったのですが、知財経営コンサルティング事業に参加していました。2年前の事業に参加して以来でしたが、なかなか面白いケースになったと思います。

先日最終報告会に参加したのですが、そこで感じたことは、プレゼンがなってない!ということでした。偉そうですみません。しかし最後に委員長も総括していましたが、私も聞いていて各コンサル事例の肝がなんなのかさっぱりわかりませんでした。

支援を行ったことの細かいことはみなさんよく話されるのですが、結局どんなコンサルの知見が得られたのか、どのような戦略を持ってコンサルを行ったのか、わかるように話をしていないのです。話し方のうまい下手よりも、話す内容にストリーも説得力もないことが問題です。

3月にはシンポジウムがあります。正直あのプレゼン内容では、かなりブラッシュアップしないと見に来られる方、特に中小企業経営者に知財コンサルの重要性や有用性を伝えることはできないでしょう。発表される方の奮起を期待します。

ちなみに私のグループは補欠になりましたので、たぶん私の発表はないと思います。もし発表する機会があれば、事業戦略、中でも特にビジネスモデルの問題点を、コア技術を再認識・再確認することで、抽出し、修正するフレームワークを提供すると思います。

選ばれなくて残念です。

ではでは

特許実務講座!!
http://chizaichannel.jp/b-school.html

特許調査・知財コンサルなら アステック特許事務所
URL:http://www.astech-patent.com/

タイトルとURLをコピーしました