択一免除

この記事は約1分で読めます。

テンプレート変更してみました。

さて、私の受け持っているゼミももう後1回を残すのみとなってしまいました。
早いものです。
今年から択一の免除制度が始まりました。
択一は水ものと言われています。実力者でもちょっとしたことで不合格になってしまうことがあるのでその点では一回合格すると翌年(翌々年も)択一試験が免除になるというのは負担が軽いといえるのだと思います。

しかし、択一試験&論文試験の組み合わせというのは実は合理的な組み合わせだったのではないかと思います。
択一試験で細かい知識まで確認するということは条文を隅々まで読み込むということです。そのように条文を読み込んだ状態で論文試験に突入するからこそ、限られた時間で条文を探し出して論文にまとめることができるのではないかと思います。

今年、択一免除の方々にはぜひ択一試験受験者と同じくらい真剣に択一の問題を解きなおし、条文・審査基準の確認を行うことをぜひお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました