再開します

この記事は約2分で読めます。

こんにちは

1年半休んでしまいました。ブログサイトを変更したいとかいろいろと考えていたのですが結局ここに戻ることにしました。

 さて、「総選挙」というとみなさん何を想像しますか?ここ最近は、“本家”をしのぐ勢いで、「総選挙」を行っている人々がいますね。永田町の人々の専売特許と思われていたこの言葉に対して、新しい、イメージを与えたアイドル、AKB48です。最近では前田敦子さんの卒業で話題独占ですね。

 AKB48と言えば、会いにいけるアイドルを標榜し、今でこそ連日ヒットチャートの上位を占める存在となっているが、発足当時はイベントを行ってもほとんど人が集まらず、ブレイクするのはむりではないかと言われていたそうである。

 このグループは通常のアイドルグループとは全く異なる形態を採用しているが、最初の劇場公演時には関係者以外の一般客は7人のみであった。しかし、発足から5年たった現在では、「モーニング娘。」以降人気を集めるアイドルグループの出ない中、若年層の男性のみならず中高年層や女性を含めて幅広い層に受け入れられ(別添図1)、公演のチケット入手も困難な程(別添*1)幅広い層から人気を集めている。

 AKB48は、どうやって幅広い人気を得ることができた(新規顧客の創造に成功した)のか? 一人のスーパースターの存在によるものではなく、歌も踊りも「いまいち」ながら国民的なアイドルとなっているAKB48の成功要因は非常に興味深い。そしてかかる成功要因を分析することで、性能の向上を追うものの、今一つ受け入れられなくなっている日本産業の復活の糸口となる、知見が得られるのではないかと考えられる。

 そこで、AKB48の成功要因を分析し、新事業を成功に導くための知見を明らかにすることで、日本の産業が再興するために必要な事項にも言及したいと思います。

お楽しみに

ではでは

タイトルとURLをコピーしました