【日経新聞】「いきなり!ステーキ」ビジネス特許 二転三転、認定まで4年 明細書で「技術性」強調

この記事は約1分で読めます。

こんにちは、
弁理士松山裕一郎です。
ビジネスモデル特許の境界を考える上で、なかなか興味深い事例と言えそうです。

「いきなり!ステーキ」ビジネス特許 二転三転、認定まで4年 明細書で「技術性」強調

 

※特許実務入門テキストの配布について
ご希望のみなさまに、特許実務に関する入門テキストを送付いたします。
ご関心のある方は、以下のリンクよりメールフォームをご記入の上、
ご送信ください。

特許実務入門テキスト

おって、PDFファイルのテキストをメールにてお送りいたします。

*なお、メールフォームにてご連絡いただいたみなさまには、今後アステック特許事務所/アステックIP Solutionsより、ニューズレターまたはメールマガジンの配信を行わせていただく場合がございます。その旨、どうぞご了承ください。

 

お客様のビジネスを活かす知財権取得をサポートするアステック特許事務所
知財 創出・管理で、がんばる企業と共にがんばる会社アステックIPSolutions

いいね!をお願いします。
https://www.facebook.com/astechip(Facebookページ)
https://matsuyama-yuichiro.com/(ブログHP)

タイトルとURLをコピーしました