熊本大、腎臓の主な構造を立体的に再現 ES細胞利用

この記事は約1分で読めます。

こんにちは、
弁理士松山裕一郎です。
再生医療の発展にも寄与する手法の開発と言えそうです。

熊本大、腎臓の主な構造を立体的に再現 ES細胞利用

お客様のビジネスを活かす知財権取得をサポートするアステック特許事務所
知財 創出・管理で、がんばる企業と共にがんばる会社アステックIPSolutions

いいね!をお願いします。
https://www.facebook.com/astechip(Facebookページ)
https://matsuyama-yuichiro.com/(ブログHP)

タイトルとURLをコピーしました