【日経新聞】持ち運べる人工肺 国循センターが開発

この記事は約1分で読めます。

こんにちは、
弁理士松山裕一郎です。
救命率の向上など治療の幅を広げることにつながっていきそうです。

持ち運べる人工肺 国循センターが開発

お客様のビジネスを活かす知財権取得をサポートするアステック特許事務所
知財 創出・管理で、がんばる企業と共にがんばる会社アステックIPSolutions

いいね!をお願いします。
https://www.facebook.com/astechip(Facebookページ)
https://matsuyama-yuichiro.com/(ブログHP)

タイトルとURLをコピーしました