独バイエル、幹細胞分野に米社と270億円 iPS特許使う

この記事は約1分で読めます。

こんにちは、
弁理士松山裕一郎です。
ネットワーキングの力により、幹細胞の臨床研究を加速させようとする動きが見えてきます。

独バイエル、幹細胞分野に米社と270億円 iPS特許使う

お客様のビジネスを活かす知財権取得をサポートするアステック特許事務所
知財 創出・管理で、がんばる企業と共にがんばる会社アステックIPSolutions

いいね!をお願いします。
https://www.facebook.com/astechip(Facebookページ)
https://matsuyama-yuichiro.com/(ブログHP)

タイトルとURLをコピーしました