ブランド薬の値下げ対象拡大 厚労省、16年度から

この記事は約1分で読めます。

こんにちは、
弁理士松山裕一郎です。
薬価制度改革の一つの柱として、ブランド薬の値下げ対象が拡大されるとのことです。患者の負担減や医療費の抑制につなげていくねらいがあるようです。

ブランド薬の値下げ対象拡大 厚労省、16年度から

お客様のビジネスを活かす知財権取得をサポートするアステック特許事務所
知財 創出・管理で、がんばる企業と共にがんばる会社アステックIPSolutions

いいね!をお願いします。
https://www.facebook.com/astechip(Facebookページ)
https://matsuyama-yuichiro.com/(ブログHP)

タイトルとURLをコピーしました