【日経新聞】TPP12カ国交渉が足踏み 新薬保護期間で対立

この記事は約1分で読めます。

こんにちは、
弁理士松山裕一郎です。
 特に際立ったのは新薬発売前の臨床試験データを保護する期間の長さを巡る対立だ。データを早く公開すれば安価な後発薬を生産できるようになるが、新薬メーカーは投資を回収しにくくなるそうです。

TPP12カ国交渉が足踏み 新薬保護期間で対立

▪️このブログで紹介している日経記事は有料会員限定なので、見れない方もいらっしゃいます。
無料登録会員(月10本まで記事10本全文閲覧可能)でもみることができます。
以下で登録をして、見てくださいね。
日経新聞公式サイト

お客様のビジネスを活かす知財権取得をサポートするアステック特許事務所
知財 創出・管理で、がんばる企業と共にがんばる会社アステックIPSolutions

いいね!をお願いします。
https://www.facebook.com/astechip(Facebookページ)
https://matsuyama-yuichiro.com/(ブログHP)

タイトルとURLをコピーしました