パロディ商品は事前の確認が◎

この記事は約1分で読めます。

こんにちは。弁理士の松山裕一郎です。
スーパーの一角で、既にある有名な商品と言葉を掛けて、パロディ商品として販売されているものを見かけることがありますよね。どれもユニークな着眼点で、子供から大人まで楽しませてくれます。
ただ、そのためにはしかるべき手順を踏まなければなりません。元の権利者に何も伝えずに商品として世に出してしまうことは、商標権の侵害を犯していることがあるからです。MONO消しゴムと掛けた商品の販売について、イベントでの販売を止めるよう連絡があったという一件がありました。

神戸新聞NEXT|総合|許可なく「ONO消しゴム」販売中止 小野市観光協会

こちらのケースはイベントでの販売も中止し、スムーズに対応が進んだようです。小野市はそろばんの生産地として有名な街で、国の伝統工芸品にも指定されています。他にも播州刃物などの実用品、そしていちじくやはちみつなどの特産品を楽しむことができます。観光サイトでは様々な見どころを確認できます。

小野市 観光ナビ

タイトルとURLをコピーしました